FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C299]

管理人さん今週もお疲れ様です。
いやはや、もしザフィーがちょっとHなら・・・たぶん読者全員にやられるやろうな。私はしませんが(笑
最後のはやての台詞を読むと目から汁、もとい汗が・・・幸せになってね。いや、幸せか。
もし守護騎士がいなかったらどうなってんだろうか?想像はあまりしたくないが。


以下の文は唐突に思いついたことなのでスルー可

はやての「は」は、ははのは~
はやての「や」は、やさしいのや~
はやての「て」は、テクニシャンのて~。
  • 2008-11-24
  • ガイスター
  • URL
  • 編集

[C300]

今週もノリノリですね。GJ、はやて。

> ザフィーラも、せめてもうちょっとえっちならハッピーな毎日やと思うんやけどな

実はむっつりスケベなのかもしれませんね、ザフィーラは。
もしかしてこれは、ロストロギアで性欲旺盛になったザフィーラのネタ(誰かを襲おうとしても折檻が待っている結末のシナリオ)の宣伝?


> 苦手科目は体育です

保健体育(特に男と女の体に関する所)も嫌いなのかな?
保健体育の授業で、この個所を聞いてる聖祥ガールズの様子や如何に?

予想

アリサ:羞恥(プレイ)に耐える。
すずか:そんなアリサを微笑ましく見守る。
なのは:アリサと一緒のような気がする。天然で朴念仁なので不明。

フェイト:勉強熱心なので、その日家に帰って、嫌がる義兄の身ぐるみを引っぺがして実物を観察しての復習。その日ハラオウン家の長男が食卓の席に現れることはなかったという。また、心配になって長男の部屋を覗いた恋人に「もう、お婿に行けない」と涙で(恋人の膝)枕を濡らしていたという情報が母経由で翠屋に知れ渡る。

はやて:元気ハツラツ。おっぱいや~と突拍子もなく授業中に声高らかに叫ぶ。先生に落ち着くように何度も叱られ、ついには保護者面談にまで発展。家に帰ってからは授業の復習ということで、八神家からは嬌声と犬の悲鳴が絶えなかったという。

[C301]

>ガイスターさん
その日のうちとは、コメント早っ!ありがとうございます。
守護騎士たちがいなかったら――いえ、寂しい「もしも」は考えないことにいたしましょう。はやてはきっと幸せですよっ。

そして見事なあいうえお作文ですねっ(笑)。
前2文字の暖かさから最後の落ちまで、実にはやてらしいと思います。


>??さん
オウイエー、ノリノリですよ!

ザフィーラは、むっつりスケベだったら少しは救われますね。
興味があるのに我慢するのは体に悪い気もしますが(笑)。

>保健体育(特に男と女の体に関する所)も嫌いなのかな?~
後ろの二人が酷い扱い(笑)!
きっとはやてさんは知識ばっちり?なので、授業では取り乱したりはしないのですよっ!

[C303]

今回も相変わらずアリサのツッコミは冴えてますねw
彼女が居なかったらこのラジオは成り立たないと思います(色々な意味で)

個人的にはザフィーがもう少しHな性格になったとしてもはやてにだけは手を出さないと信じたいです。
…大丈夫だよね?ザフィー。
  • 2008-11-26
  • 九狸
  • URL
  • 編集

[C305]

>九狸さん
アリサは実にツッコミが優秀な子なので、非常に重宝しています(笑)。
この子とすずかがパーソナリティだからこそ、企画が続いているというのはありますね。
――色々な意味で。

>個人的にはザフィーがもう少しHな性格になったとしてもはやてにだけは手を出さないと信じたいです。
ヴィータ「仮にそうなったらぺらぺらになるまでぶっつぶしてやるから問題ねぇ」
ザフィーラ「……しないから安心しろ」
はやて「それはそれで傷つくなぁ」
シグナム「傷つかないでください主……」
という感じでしょうね(笑)。

[C306] ついに彼女が……

感想が遅れてしまいました。一色十色です。
ついに、なのラジにはやてが登場!!
予想違わぬ面白さでした!アリサとはやてのボケとツッコミ具合が絶妙で、更にいいとこだけは見逃さずかっさらっていくすずか、と、本当に笑えました!
次回の更新も、楽しみにしてますね。

あと、ちょっとした質問なのですが、管理人さんは『生徒会の一存』という本、読んだことあったりしますか?
  • 2008-12-08
  • 一色十色
  • URL
  • 編集

[C307]

>一色十色さん
ありがとうございます!
はやても何かと芸風広いキャラなので、アリサたちと組ませるのがとても楽しいです。
放っておくと、脈絡のない話がどこまでも続きそうなくらいに(笑)。
ちょっと季節柄?更新が滞ってしまってますがorz、頑張りますっ。

『生徒会の一存』知っていますよー。
漫才を読んでいるかのようなもの凄いはっちゃけぶり(笑)と、合間に挟まっている暖かいエピソードのバランスがとてもいいなと思います。
なのラジでも、『一存』の校内放送のようなあの勢いと面白さを、是非目指したいです!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

なのラジ - ことの葉放送局 - (7)

アリサ「アリサとっ」
すずか「すずかのっ」
ア&す「なのラジことの葉放送局~♪

アリサ「はい、リリカルなのはラジオ、通称なのラジっ。ラッキーセブンの第7回!今回もバリバリ行くわよっ!お相手は、聖祥のヴィーナスことアリサ・バニングスとっ」
すずか「聖祥のアルテミスこと月村すずかとっ」
はやて「聖祥のハデスこと八神はやてでお送りしますっ」
アリサ「ちょっとそこのラスボス!なのはよりえぐい二つ名ってどうなのよ!?」
すずか「というわけで、本日のゲストは八神はやてさんで~す♪」
はやて「はーい、リスナーの皆さん、こんにちはや。今回はよろしゅうな」
アリサ「そして投げっぱなしなのね二人ともっ!
はやて「ふ、相変わらずのハイテンションな突っ込みっぷり、実にナイスやねアリサちゃん」
アリサ「あんたこそ、普段はツッコミ側のはずなのに、随分とボケが様になってるじゃない」
はやて「今日はアリサちゃんをツッコミ疲れさせてあげるよ。覚悟しい」
アリサ「はやてこそ、半端なボケで私を幻滅させないでよねっ」
すずか「はい、今日のお題はっ
ア&は「鮮やかにスルー!?
はやて「……はっ!思わずツッコんでもうた!」
アリサ「く、最小限の労力で美味しいところを持っていくとは、やるわね、すずかっ!」
すずか「そ、そうかな?せっかくだから、本題に長く時間を取りたいなって思っただけなんだけど」
アリサ「っと、そうね。んじゃ改めて。せーのっ」

ア&す&は「『立ち入り御免、八神研究室!』

すずか「ええと、これは、はやてちゃんにインタビューのコーナーってことでいいのかな?」
アリサ「うん。もっとありていに言うと、はやての弱点探しコーナーね。正直な話、はやてには隙がなくってツッコみづらいのよ」
はやて「ん~、そんなもんやろか」
アリサ「そうね――例えば、前のゲスト2人のような萌え台詞、やってみる?」
はやて「ええよ。こほん――」
アリサ(『大好きやよ、お兄ちゃん♪』とかかしら。うーん、やっぱりピンとこないのよねー)

はやて「あ~れ~、お代官様、お許しを~
すずか「えっへっへー。よいではないかよいではないかー♪
アリサ「想像以上にひどいわっ!
すずか「で、でもこの後はやてちゃんのセクシィ☆セミヌードがっ」
アリサ「この番組は全年齢対象ですっ!させないわよそんなことっ」
はやて「いやん、私、恥ずかしいわぁ♪
アリサ「予想に反してノリノリなのが理解できないわね!脱ぎたいの?露出したいのっ!?
はやて「ほんなら、趣を変えて、この前のアリサちゃんとのスキンシップシーンを」
アリサ「あ、いや、やめて――ていうか、本気で止めて!あたしのことはどうだっていいのよ!ええい話が進まないわねっ」
すずか「ここは原点に戻って、改めて自己紹介してもらうっていうのはどうかな」
アリサ「む、一理あるわ。『八神研究室』だものね。んじゃはやて、早速どうぞ」
はやて「了解や。改めまして、八神はやてです。家族と一緒に、海鳴市で暮らしています」
すずか「うんうん。結構大家族なんだよね」
はやて「得意科目は――特にはあらへんなぁ。強いて言うなら家庭科やろか。苦手科目は体育です」
すずか「まんべんなく凄いよね、はやてちゃん」
アリサ「体育が苦手なのは仕方ないわよね」
はやて「好きなものはおっぱゲフンゲフン!」
アリサ「なぜかむせたっ!ていうか、バレバレよそれ!」
はやて「もとい、女性の胸です!
アリサ「お願い!言い直すならせめて別のものにして!
はやて「趣味は、家事に子育て、それに皆とのスキンシップやな」
すずか「とっても家庭的だよね。はやてちゃんらしい♪」
アリサ「うん……響きはいいのよね。響きは
はやて「――てな感じなんやけど」
アリサ「あ、うんありがと。……いや、それなりにツッコミどころもあったんだけど……何か違うのよね」
すずか「うーん他には――『八神研究室』なんだし、守護騎士の皆さんの話とか、どうかな」
アリサ「そうねぇ。はやて本人の話がいいんだけど、まあいいわ」
はやて「私のところは現在6人家族や。私以外の名前を挙げると、シグナム、シャマル、ヴィータ、ザフィーラ、それに最近家族になったリインやな。このサイトでは皆さんに可愛がってもらってるみたいで、何よりや」
アリサ「うん。とりあえず、あんたんとこの守護獣、もっと守ってあげないとそのうち倒れるわよ?
はやて「あはは……忠告痛み入ります。ザフィーラも、せめてもうちょっとえっちならハッピーな毎日やと思うんやけどな」
アリサ「はやて、自分の言ってる意味分かってる?その時一番危険なのはあんたなんだけど」
すずか「『はやては、たくましい腕の中で、どうしようもなく胸が高まっていくのを感じた――』
はやて「『ああ、これが男の人なんだ――そう思うと、体から力が抜けていくようで』
アリサ「お黙り文学少女ズ!無駄に文才発揮しようとしないでくれる!?」
はやて「まあつまり、殿方あこがれのハーレム?と思えば、少々の不幸は問題なくなるかもと思うてな」
アリサ「確かに、いくつかの『濡れ衣』は、そうじゃなくなるかもしれないけどね。ただ『現行犯』に変わるだけのような
すずか「何というか、誰かにねつ造されているかのような不幸さだよね」
アリサ「ザフィーラ自身には、特に弱点もやましいところもないんだけどね。あの不幸体質が致命的よね」
すずか「他の人はどうなの?」
はやて「うん?他の子は――そうやなぁ、ここだけの話やよ?
アリサ「お、何か重要な秘密!?」
はやて「シグナムは、あのおっきなおっぱいがコンプレックスなんよ
アリサ「知ってるわよ!
はやて「いやいや、それだけやあらへん。シャマルは時々料理を失敗するし、ヴィータは常識人なようでアリサちゃんに勝るとも劣らんツンデレやし、リインはああ見えて天然ボケの可愛いトラブルメイカーや」
アリサ「――やっぱり、全部有名な話よね、それ。そして弱みっていうか、むしろ萌え?
すずか「あ、なるほど。アリサちゃんの言ってた隙って、そういうことなのね。確かに、はやてちゃんのはあんまり思い当たらないかも」
アリサ「そうなのよ。強いて言うならおっぱいフェチなことだけど、それもね、隙というにはちょっと」
はやて「ふ。いややなぁ、フェチやなんて。おっぱいマイスターと、より強調して欲しいところや
アリサ「格好良く言おうとしても変わらないわよ!
はやて「つまりや。話をまとめると、なのはちゃんは天然萌えで、フェイトちゃんは清楚萌えという――
アリサ「どこにも出てこなかったわよねぇその二人!?
すずか「ううん、フェイトちゃんは、恥じらいの中に垣間見える色気が素敵だと思うの」
アリサ「そういうのはしっかり拾うのね、すずか!
はやて「んでもって、私は、言わば母性萌えちゅうところやな」
アリサ「その年で母性とか――アリね、普通に」
はやて「リスナーの皆さんは、包容力のあるキャラいうんも求めてると思うんよ。そして、それは私にこそ与えられた役割!
すずか「はやてちゃん素敵!」
アリサ「くっ、反論しづらいっ!」
はやて「だから、2人のこともたっぷり包み込んであげるなっ
アリサ「結局そこに落ち着くのねっ!こら、ほんとに抱きつ――ひあぁっ!?
すずか「え、あ、えっと――放送内容が危険になる前に、お開きにしようと思います♪
アリサ「こ、こんなグダグダな終わり方いやぁあ~~れ~~~!
はやて「よいではないかよいではないかぁ!これからが本番やよアリサちゃん!
すずか「お相手は、月村すずかとっ」
アリサ「アリサ・バニングスとおおおおおぉ」
はやて「八神はやてでしたっ!ほな、またよろしゅうな♪」






はやて「はい、カットや」
アリサ「い~~や~~あ~~……って、終わるのっ!?」
はやて「ん?私は続きでも一向にかまへんよ?」
すずか「あ、何だかその動き、ちょっとエッチかも(ぽっ)」
アリサ「終わり!終わりにしましょう!」
はやて「あはは。ん、それがええ。じゃ、解散や」






はやて「それにしても――弱点、なぁ。むしろ、弱いところだらけやと思うんやけどな。皆がおらんと、きっとまともに生きられへんし。まあ、取り乱すようなことはあんまあらへんけど――その辺は、例えばフェイトちゃんやクロノくんみたいに、いわゆる『好きな人』ができたら変わるんやろか。――ううん、どうやろ。その時はその時、今は皆が大好きで幸せ、それでええ。さて、そろそろ買い物にいこか。今日の夕飯は何にしよかな~♪」







7件のコメント

[C299]

管理人さん今週もお疲れ様です。
いやはや、もしザフィーがちょっとHなら・・・たぶん読者全員にやられるやろうな。私はしませんが(笑
最後のはやての台詞を読むと目から汁、もとい汗が・・・幸せになってね。いや、幸せか。
もし守護騎士がいなかったらどうなってんだろうか?想像はあまりしたくないが。


以下の文は唐突に思いついたことなのでスルー可

はやての「は」は、ははのは~
はやての「や」は、やさしいのや~
はやての「て」は、テクニシャンのて~。
  • 2008-11-24
  • ガイスター
  • URL
  • 編集

[C300]

今週もノリノリですね。GJ、はやて。

> ザフィーラも、せめてもうちょっとえっちならハッピーな毎日やと思うんやけどな

実はむっつりスケベなのかもしれませんね、ザフィーラは。
もしかしてこれは、ロストロギアで性欲旺盛になったザフィーラのネタ(誰かを襲おうとしても折檻が待っている結末のシナリオ)の宣伝?


> 苦手科目は体育です

保健体育(特に男と女の体に関する所)も嫌いなのかな?
保健体育の授業で、この個所を聞いてる聖祥ガールズの様子や如何に?

予想

アリサ:羞恥(プレイ)に耐える。
すずか:そんなアリサを微笑ましく見守る。
なのは:アリサと一緒のような気がする。天然で朴念仁なので不明。

フェイト:勉強熱心なので、その日家に帰って、嫌がる義兄の身ぐるみを引っぺがして実物を観察しての復習。その日ハラオウン家の長男が食卓の席に現れることはなかったという。また、心配になって長男の部屋を覗いた恋人に「もう、お婿に行けない」と涙で(恋人の膝)枕を濡らしていたという情報が母経由で翠屋に知れ渡る。

はやて:元気ハツラツ。おっぱいや~と突拍子もなく授業中に声高らかに叫ぶ。先生に落ち着くように何度も叱られ、ついには保護者面談にまで発展。家に帰ってからは授業の復習ということで、八神家からは嬌声と犬の悲鳴が絶えなかったという。

[C301]

>ガイスターさん
その日のうちとは、コメント早っ!ありがとうございます。
守護騎士たちがいなかったら――いえ、寂しい「もしも」は考えないことにいたしましょう。はやてはきっと幸せですよっ。

そして見事なあいうえお作文ですねっ(笑)。
前2文字の暖かさから最後の落ちまで、実にはやてらしいと思います。


>??さん
オウイエー、ノリノリですよ!

ザフィーラは、むっつりスケベだったら少しは救われますね。
興味があるのに我慢するのは体に悪い気もしますが(笑)。

>保健体育(特に男と女の体に関する所)も嫌いなのかな?~
後ろの二人が酷い扱い(笑)!
きっとはやてさんは知識ばっちり?なので、授業では取り乱したりはしないのですよっ!

[C303]

今回も相変わらずアリサのツッコミは冴えてますねw
彼女が居なかったらこのラジオは成り立たないと思います(色々な意味で)

個人的にはザフィーがもう少しHな性格になったとしてもはやてにだけは手を出さないと信じたいです。
…大丈夫だよね?ザフィー。
  • 2008-11-26
  • 九狸
  • URL
  • 編集

[C305]

>九狸さん
アリサは実にツッコミが優秀な子なので、非常に重宝しています(笑)。
この子とすずかがパーソナリティだからこそ、企画が続いているというのはありますね。
――色々な意味で。

>個人的にはザフィーがもう少しHな性格になったとしてもはやてにだけは手を出さないと信じたいです。
ヴィータ「仮にそうなったらぺらぺらになるまでぶっつぶしてやるから問題ねぇ」
ザフィーラ「……しないから安心しろ」
はやて「それはそれで傷つくなぁ」
シグナム「傷つかないでください主……」
という感じでしょうね(笑)。

[C306] ついに彼女が……

感想が遅れてしまいました。一色十色です。
ついに、なのラジにはやてが登場!!
予想違わぬ面白さでした!アリサとはやてのボケとツッコミ具合が絶妙で、更にいいとこだけは見逃さずかっさらっていくすずか、と、本当に笑えました!
次回の更新も、楽しみにしてますね。

あと、ちょっとした質問なのですが、管理人さんは『生徒会の一存』という本、読んだことあったりしますか?
  • 2008-12-08
  • 一色十色
  • URL
  • 編集

[C307]

>一色十色さん
ありがとうございます!
はやても何かと芸風広いキャラなので、アリサたちと組ませるのがとても楽しいです。
放っておくと、脈絡のない話がどこまでも続きそうなくらいに(笑)。
ちょっと季節柄?更新が滞ってしまってますがorz、頑張りますっ。

『生徒会の一存』知っていますよー。
漫才を読んでいるかのようなもの凄いはっちゃけぶり(笑)と、合間に挟まっている暖かいエピソードのバランスがとてもいいなと思います。
なのラジでも、『一存』の校内放送のようなあの勢いと面白さを、是非目指したいです!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳳 珠志

Author:鳳 珠志

web拍手

読んで下さる方がいるのが分かるのは、やはりとても嬉しいです。 下記web拍手ボタンで、励ましてやってくださいなっ。

INDEX

ごあいさつ
ことの葉インフォメーション
■長編
 ・魔法少女リリカルなのは -PS-
   第1話 (1) (2)
   第2話 (1) (2)
   第3話 (1) (2)
   第4話 (1) (2)
   第5話 (1) (2)
   第6話 (1) (2)
   第7話 (1) (2)
   第8話 EP
 ・白雪の舞う空
  (1) (2)

■短編
 ・桜の咲く季節
 ・少年少女の主張
  (1) (2) (3) (4)
 ・守護獣ザフィーラの日常
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13) (14) (15)
  (16) (17) (18) (19) (20)
  (21) (22) (23) (24)
 ・守護獣ザフィーラの日常 Sts
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13)
 ・守護獣ザフィーラの任務
  (1)
 ・打ち上げ花火
 ・あの子になりきり!
 ・リーダーへの道
 ・あだなをよばせて
 ・深夜のたたかい
 ・サンタの住む場所 - 23日 -
 ・サンタの住む場所 - 24日 -
 ・サンタの住む場所 - 25日 -
 ・芸術の新春
 ・決戦前の共闘
 ・なのラジ - ことの葉放送局 -
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11)
 ・大人への距離
 ・雨とぬくもり
 ・感謝をあなたに
 ・琥珀色の安らぎ
 ・その手は小さくとも
 ・マーメイド宣言
 ・ある夏のひまわり
 ・ちょっと大きな一日
 ・巡る秋風
 ・平日の聖夜
 ・プレゼント・フォー・ユー
 ・夜まではまだ少し
 ・シーツ越しの気持ち
 ・二房の髪

■頂き物
 ・花かんむりとお姫様

■web拍手
 ・全く脈絡のない会話集
 (1) (2)
 ・お返事
 (1) (2) (3)

ブログ内検索

アンケート

質問 新たに読むなら、どれがいいですか?
「桜の咲く季節」のようなほのぼの
「少年少女の主張」のようなはっちゃけコメディ
「守護獣ザフィーラの日常」のようなコメディ
「魔法少女リリカルなのはPS」のようなシリアス

コメント



- リサーチ/アンケート -

カウンター

あなたは
人目のお客様です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。