FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C60]

とてもとても暖かい話ですね。僕も母の日の感謝の方法をクロノやフェイト並に悩みましたから。これからもツンデレクロノには頑張って欲しいです…。
  • 2008-05-12
  • 蒼星のガンダム
  • URL
  • 編集

[C61]

これを見た瞬間、フェイトの手紙の項でタマゴさんの書かれたエピソード(なのコマ4収録)を思い出しました。
やっぱりハラオウン家っていいですな。
良い作品をありがとうございました。
  • 2008-05-12
  • 劉耶・R・月島
  • URL
  • 編集

[C62]

>蒼星のガンダムさん
ありがとうございますっ。
母の日は頑張られたようで、きっとお母さんも喜ばれたのではないかと。
想いを伝えるのは大変ですが、悩むのも楽しさ、ですよね。
クロノくんには、今後も多方面で活躍してもらいますよっ。

>劉耶・R・月島さん
こちらこそ、読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
タマゴルビーさんのお話、私も読んでますよー。健気なフェイトが素敵でしたね。
こちらは不器用な男の子の気持ちということでっ!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

感謝をあなたに

 その日、クロノ・ハラオウンが帰ってくると、彼の母親、リンディがリビングで紅茶を飲んでいた。
「おかえりなさい。思ったより早かったわね」
「ただいま。そうだね、意外と書類が楽に終わったから」
 リンディのねぎらいに、彼は素知らぬ顔で嘘をつく。今日は極力早く帰るために、明日にまわせる仕事はそのままにしてきた。そうでなければもう2、3時間は遅かっただろう。
 クロノがシャワーを浴びている間に、リンディは夕食の準備をする。真夜中とまではいかないが、それなりに遅い時刻だ。自分以外は食事を済ませてしまっているに違いない。
 着替えをしてリビングに顔を出すと、テーブルの片隅に赤いものが映った。
 それは赤とピンクのカーネーション。クロノとフェイト、それにアルフの三人で購入したものだ。
「今日は、母の日なんだってね。ありがとう、クロノ」
 ダイニングのテーブルに食器を並べていたリンディが、彼に口を開く。クロノは首を振って答えた。
「礼を言うのは僕の方だよ。それに母さんが礼を言うべき相手は、フェイトだ」
 そもそもは、彼の妹がクロノを誘ったのがことの始まりだった。
 花を買いに行こうと言われたとき、彼には皆目見当がつかなかったのだが、地球の習慣では、母親に対してこの時期にプレゼントを贈るものらしい。
 自分は「今更照れくさい」と拒否をしたのだが、フェイトの控えめながらも粘り強い説得と、アルフの強引な押しに負けて、プレゼントの購入に付き合ったのである。母思いの娘ができたのは、リンディとしても母親冥利に尽きるというものだろう。
 クロノの返事に対して、リンディは柔らかく笑って頷いた。
「フェイトにそれをもらった時には、ちょっと泣いちゃった」
 しみじみとした言葉に、黙って頷きを返す。渡す役割は妹にまかせて良かったと彼は思った。自分では、きっとただぶっきらぼうに差し出すだけで、ありがたみも何もあったものではない。 
「あの子がね、手紙をくれたの」
 リンディは、カーネーションを見つめながら話を続ける。その話は、前もってフェイトから聞いていた。感情表現は苦手だが、健気な彼女のことだ、一生懸命に書く姿が容易に想像できる。夜遅くまで時間をかけて、何度も書き直したに違いなかった。
「すごく、嬉しかった」
 そうか、とクロノは答えた。
 数秒の躊躇の後、一枚のカードをとりだして、彼女に手渡す。
 フェイトに負けず劣らず不器用な彼は、想いを口にするのをよしと出来なかった。
 だから、一行だけ。
 声に出せば十秒にもみたないメッセージを、彼は30分もかけて書いた。
 曰く――

『いつもありがとう。僕は、貴女の息子であることを誇りに思う クロノ・ハラオウン』

 カードに視線を走らせたリンディは、眉をしかめて口を閉じる。
 短い言葉に呆れたか、それとも大げさな物言いが気に入らなかったのか。
 彼女は小さく息を吐き出して唇を震わせた。
「僕としては、砂糖5キログラムとかをプレゼントした方が良いかとも思ったんだけどね」
「――馬鹿ね」
 沈黙に耐えかねて言った台詞に、リンディはかすかに濡れた声で、しかし笑いながら返事をした。
「ありがとう。私も同じ気持ちよ」
「同じ?」
 母親の言葉の意味をとらえかねて、クロノは首を傾げる。彼の肩をリンディのほっそりとした手が掴んで、彼は目を瞬かせた。
「クロノには、ずっと苦労のかけ通しだったわね。私に負担をかけまいとして、精一杯に背伸びして。そんな貴方が嬉しくて――でも、悲しかった」
 それは逆だと彼は思った。
 夫がいなくなって、それでも幼かった自分を育ててくれた彼女に、自分は一体何を返せているのかと、クロノはよく思う。
 管理局に勤め、日々の仕事に追われて、もう一人前と言える程度には成長した自分は、母の役に立っているのだろうか。
「貴方のお父さんを愛して、貴方を授かった。あの人がいなくなってからも色んな人に助けてもらって、ここまできた。私が、今ここで幸せにいるのは、皆はもちろん――何より、貴方がいたからなのよ」
 クロノは、その言葉に何と返事をしていいのか分からなくて、口ごもる。
 ただ、いるだけでいい。
 そういうものだろうか。
 素朴に問う息子に対して、母はあっさりと、しかし力強く肯定する。
 リンディは唇を緩め、クロノをまっすぐに見つめて言った。
「ここに産まれてくれて――私を母に選んでくれて、ありがとう。貴方たちが、そして貴方たちの母親であることが、私の誇りよ」
 その気持ちは、やはり赤面するほど恥ずかしくて。
 でも、不覚にも涙ぐんでしまいそうなくらい嬉しかった。
 今、リンディはこんな気持ちなのだろうか。
 だとしたら。
 もっと早く、言っていれば――
 感謝の気持ちを伝えていれば良かった。
「――うん」
 小さく頷いた彼の頭を、リンディの腕が優しく抱える。
 暖かな感触に包まれると、不思議な安心感があって、クロノはされるがままに立ちつくした。
「さ、ごはん食べましょうか」
 リンディに促されてテーブルにつき、夕食を取り始めると、タイミングを見計らっていたようにフェイトとアルフがダイニングに顔を出す。
「あ、クロノ、おかえり」
「やー、いい匂いだねぇ。もう食べたけど」
「フェイト、アルフ、お茶飲む?」
 当然のような顔で椅子に座る彼女たちに、彼は緩みそうになる口元を引き締めて、そっけなく振舞った。
「母さんはあまり飲みすぎないでよ。見ているこっちまで体悪くしそうだから」
「まあ。フェイトちゃーん、どうしましょう。息子が反抗期に入っちゃったわ」
「あはは――何だかクロノらしいけどね」
「ほら、あれだよ。クロノはつんでれってやつなんだよ」
 談笑の声を聞きながら、クロノは箸を休めて緑茶をすする。
 口内に広がった香ばしい液体は、暖かくて、優しい味だった。






3件のコメント

[C60]

とてもとても暖かい話ですね。僕も母の日の感謝の方法をクロノやフェイト並に悩みましたから。これからもツンデレクロノには頑張って欲しいです…。
  • 2008-05-12
  • 蒼星のガンダム
  • URL
  • 編集

[C61]

これを見た瞬間、フェイトの手紙の項でタマゴさんの書かれたエピソード(なのコマ4収録)を思い出しました。
やっぱりハラオウン家っていいですな。
良い作品をありがとうございました。
  • 2008-05-12
  • 劉耶・R・月島
  • URL
  • 編集

[C62]

>蒼星のガンダムさん
ありがとうございますっ。
母の日は頑張られたようで、きっとお母さんも喜ばれたのではないかと。
想いを伝えるのは大変ですが、悩むのも楽しさ、ですよね。
クロノくんには、今後も多方面で活躍してもらいますよっ。

>劉耶・R・月島さん
こちらこそ、読んでいただきありがとうございますm(_ _)m
タマゴルビーさんのお話、私も読んでますよー。健気なフェイトが素敵でしたね。
こちらは不器用な男の子の気持ちということでっ!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳳 珠志

Author:鳳 珠志

web拍手

読んで下さる方がいるのが分かるのは、やはりとても嬉しいです。 下記web拍手ボタンで、励ましてやってくださいなっ。

INDEX

ごあいさつ
ことの葉インフォメーション
■長編
 ・魔法少女リリカルなのは -PS-
   第1話 (1) (2)
   第2話 (1) (2)
   第3話 (1) (2)
   第4話 (1) (2)
   第5話 (1) (2)
   第6話 (1) (2)
   第7話 (1) (2)
   第8話 EP
 ・白雪の舞う空
  (1) (2)

■短編
 ・桜の咲く季節
 ・少年少女の主張
  (1) (2) (3) (4)
 ・守護獣ザフィーラの日常
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13) (14) (15)
  (16) (17) (18) (19) (20)
  (21) (22) (23) (24)
 ・守護獣ザフィーラの日常 Sts
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13)
 ・守護獣ザフィーラの任務
  (1)
 ・打ち上げ花火
 ・あの子になりきり!
 ・リーダーへの道
 ・あだなをよばせて
 ・深夜のたたかい
 ・サンタの住む場所 - 23日 -
 ・サンタの住む場所 - 24日 -
 ・サンタの住む場所 - 25日 -
 ・芸術の新春
 ・決戦前の共闘
 ・なのラジ - ことの葉放送局 -
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11)
 ・大人への距離
 ・雨とぬくもり
 ・感謝をあなたに
 ・琥珀色の安らぎ
 ・その手は小さくとも
 ・マーメイド宣言
 ・ある夏のひまわり
 ・ちょっと大きな一日
 ・巡る秋風
 ・平日の聖夜
 ・プレゼント・フォー・ユー
 ・夜まではまだ少し
 ・シーツ越しの気持ち
 ・二房の髪

■頂き物
 ・花かんむりとお姫様

■web拍手
 ・全く脈絡のない会話集
 (1) (2)
 ・お返事
 (1) (2) (3)

ブログ内検索

アンケート

質問 新たに読むなら、どれがいいですか?
「桜の咲く季節」のようなほのぼの
「少年少女の主張」のようなはっちゃけコメディ
「守護獣ザフィーラの日常」のようなコメディ
「魔法少女リリカルなのはPS」のようなシリアス

コメント



- リサーチ/アンケート -

カウンター

あなたは
人目のお客様です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。