FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C107]

子供じみた八神家の面々が微笑ましいですね。

[C115]

>??さん
シャマル「それが悪戯心というものですよ♪」
シグナム「――つい、な」
これくらいが冗談で済む範囲ですよね。普段がハードなんですよ(笑)。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

守護獣ザフィーラの日常 (7)

 降り注ぐ熱い日差し。繰り返す波の音。彼方まで続く、空と海の青。
 そして――
 頭の上に乗っている、スイカ。
「ザフィーラさん、しっかりガードしてくださいねっ」
 目隠しをしたなのはは、明るい声でそう言いながら、よたよたと向かってくる。
 そうだ。現在は、たまたま皆が揃ってとれた休みということで、海水浴に来ているのだった。
 海鳴市近辺の海にやってきた私たちは、それぞれにビーチバレーや甲羅干し、水泳を楽しんで――
 それから、ええと、何だったか。ともかくいつの間にやら、私はスイカ割りの台にされたのだった。
 うむ、何だかおかしい。
 そもそもスイカ割りに台などは必要ない。ビニールシートを敷けば、割った後の汚れを気にすることもないはずだ。何故私はこんな危険な役回りをしているのだろう……
 そんな疑問をよそに、なのはが近づいてくる。健康的な白の水着に身を包んだ彼女は、レイジングハートを手にしていた。どうやら直接たたいてスイカを割るつもりのようだ。魔法を使ったら、スイカ割りではなくスイカ砕きになってしまうだろうから、至極妥当な判断だろう。
「なのは、もう少し右だよ」
「その調子や。そのまま、後10歩!」
 周りの声に支えられて、着実に距離を詰めた彼女は、私に――否、スイカに向かってレイジングハートを振り上げた。
「行きまーす――全力っ、ぜんかーいっ!!!!」
 叫びながらの一閃。
(――!!)
 彼女のデバイスは、風切り音をたてて、私の顔から十センチほど離れた地面を叩いた。
「あー、おっしい!」
 アリサ嬢の残念そうな声が聞こえる。確かにもう少しで、スイカもろとも私の頭が割れるところだった――いや、障壁で防御すればいいだけの話なのだが、それぐらいの迫力だった。
「じゃあ、次は私が。バルディッシュ、行くよ」
『Yes, sir.』
 普段装着するバリアジャケットに酷似した、黒のワンピースを着ているフェイトは、苦笑するなのはにねぎらいの言葉をかけてから、自らの相棒を手に一歩足を踏み出した。
 目隠しをされてぐるぐると回った後、よろける足を踏みしめて、彼女は凛々しい声で叫ぶ。
「ザンバーフォーム!」
(なにぃっ!?)
 彼女の手にした黒のデバイスが、金色の刃を形成する。自身の身長よりも丈の長い、大剣と呼ぶほかないその姿は、スイカ割りの領域を逸脱しているとしか思えない。しかしそれに対して誰もツッコまないあたり、特に問題はないのか。
「バルディッシュ、目標までの方向と距離は」
『11時の方向、9.17メートルです』
 待て、そのナビゲートもありなのか。
 あまりに精密なその情報に異議を唱えようとしたのは私だけではなかったようで。
「ちょっ、フェイトちゃん、それだと簡単に終わっちゃうから、バルディッシュのナビはなしで」
「あ――ごめんなさい」
 エイミィの静止により、瞬殺――もとい、即ゲームエンド、とはならず。
 それでも、彼女はきっちりと間合いを詰め、刃を振り下ろした。
「「おおーっ!!」」
 スイカがきれいに一刀両断され、地面に落ちる。
 その下にいた私はというと、何とか無事でいた。
「えっと、大丈夫、ザフィーラ?」
「うむ……見事な寸止めだ」
 金色の魔力は、私の頭部に食い込むことなくとどまっている。毛がはらはらと散っているのはご愛嬌というところだろう。一歩間違えれば、いい感じにスプラッタだった。
「じゃあ、2個目を置いてっと。さ、次ははやてちゃん、どうぞ」
「了解や。ザフィーラ、行くよ~」
 シャマルが私の頭にスイカを置いて、続きを主殿に促す。主はやては何処からか持ってきたらしい木の棒を手に持って目隠しをした。
「頑張れはやてっ、それー!」
「わ、わ、ヴィータあかん、早い、よっ」
 なのはやフェイト以上の速度で回された彼女は、不安定な足取りであらぬ方向に向かっていった。周囲の人たちが慌てて彼女に声を飛ばす。
「はやてちゃん、右、右!」
 すずか嬢の声に従って右に向いた主殿は、それでも修正しきれずに、スイカとは違う方向を進んでいく。
「主はやてっ、さらに右です!残り45度!」
「えと、こんくらい、か?」
 シグナムの指示で一度はしっかりと方向修正したものの、平衡感覚が戻っていないのだろうか、ふらついているうちにまた違う方向にずれていく。
 普段、何事においても手際のよい主はやてが右往左往する様子は、本人も含めて楽しそうだ。なるほど、こういうゲームは上手くいかないからこそ面白いのだな。私が声を出すとスイカの位置が分かってしまうため、沈黙でいなければいけないのがもどかしかった。
「そのまま、あと少し!」
 そうこうしているうちに、主殿はスイカのまで後4、5歩程度のところまで距離を詰める。
 内心で応援をしながら彼女を見守っているその時。
 足元で、何かきらめくものが目に入った。
 あれは――ガラス?
 真相を確認する時間もない。
 主はやての足がそれを踏み込もうとしている。
 そう思った瞬間、私は飛び出してソレを前足で払った。
「――え?」
 足元で何かしらが動いた感覚に、主はやてはぴくりと止まる。
 しかし、片足を上げたままの不自然な姿勢だったため、彼女は姿勢を崩した。
「「あっ!」」
 驚きの声がまじる中、私は主の下に潜り込んで、背中で彼女をキャッチした。
(大丈夫ですか、主殿)
(ん――大丈夫やけど――何が起こったん?)
 戸惑うような、主殿の思念。目隠しの下では、恐らく目をまたたかせていることだろう。
(主殿の足元に――)
「はやてっ、大丈夫か!?」「危ないところでしたですぅ!」「ザフィーラ、一体どうしたのっ!?」
 事情を説明しようとした思念通話は、一斉に駆け寄ってきた皆に中断された。
「いや、主殿の――」
「てめぇ、どさくさにまぎれてはやてに触りやがって――」
 ヴィータが、肩を震わせながらデバイスを起動させる。
「いくら水着のはやてちゃんが可愛いからって、そんな回りくどいことをしなくても」
 いやシャマル、そうではなくてだな――
「――次は私の番でいいだろうか?ふふふ、レヴァンティンが血を吸いたいと鳴いているぞ」
「いや、あたしが先だ!アイゼンのギガントフォームで――」
 物騒なことを言い出す守護騎士たちに、夏の汗とは別のモノがだらだらとふき出した。
 だから待て、とりあえず話を聞いてくれ――!!

    *

(ザフィーラ――おい、ザフィーラ)
 前足をつつかれる感触で、私、盾の守護獣ことヴォルケンリッター、ザフィーラは目を覚ました。
(折檻は――勘弁してくれ――)
(何のことだ?いや、それより動くな。主はやてが起きる)
 身じろぎしようとした私をシグナムが制する。柔らかな感触が伝わってくる背中に意識を集中させると、かすかな寝息と、鼓動が伝わってきた。
(うなされていたようだったが、大丈夫か)
(――ああ。手間をかけた)
 シグナムの気遣いに返事をしながら、そっと頭をふるって、意識を覚醒させる。
 そうだった。私たちは、家族のみで海に来ていたのだった。
 周囲を見渡すと夢の中にいたハラオウン家の人々や、主殿の友人はおらず、砂浜はそれなりの数の人々でごった返している。波うち際ではシャマルやヴィータ、リインがはしゃいでいるのが見えた。
 夢、か。そうだな。
 何か理由もなく、あんな虐待じみた状況になるはずがない。あるとしたら、ささやかな悪戯程度だろう。
 安心とともにパラソルの下でぼんやりと海を見つめていると、ヴィータ達が戻ってきた。
(なーシグナム、はやての様子はどうだー?)
(お変わりない。よく眠っていらっしゃる)
(そっか。まあ、昨日も遅かっ――)
 ヴィータは、私の方を見て硬直し、眉を震わせた。
(あらあら……ザフィーラ、羨ましいわね)
 シャマルは、私に抱きついたままで眠っている主はやてを見てくすくすと笑う。一方、隣のヴィータは、しかめっ面で拳を握り締めた。
(前にもあったけど――なんつーか、こう……むかつく。ええい、てめえなんて、額に犬って書いてやる!)
(ううん、むしろ犬文字に毛を刈って日焼けさせるとか、いいんじゃないかしら)
(なるほど……それは面白いな)
(リインはかき氷のブルーハワイでザフィーラの舌をまっさおにしてあげるですぅ!)
 ああ、これだ。
 実に、我々らしい――
 ほっとするような、結局悪戯されるのかというのかという切ないような、複雑な思いが頭をめぐる。
 私の考えを知ってか知らずか、守護騎士たちは青空の下、異様なほどのにこやかな笑顔を見せた。







2件のコメント

[C107]

子供じみた八神家の面々が微笑ましいですね。

[C115]

>??さん
シャマル「それが悪戯心というものですよ♪」
シグナム「――つい、な」
これくらいが冗談で済む範囲ですよね。普段がハードなんですよ(笑)。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳳 珠志

Author:鳳 珠志

web拍手

読んで下さる方がいるのが分かるのは、やはりとても嬉しいです。 下記web拍手ボタンで、励ましてやってくださいなっ。

INDEX

ごあいさつ
ことの葉インフォメーション
■長編
 ・魔法少女リリカルなのは -PS-
   第1話 (1) (2)
   第2話 (1) (2)
   第3話 (1) (2)
   第4話 (1) (2)
   第5話 (1) (2)
   第6話 (1) (2)
   第7話 (1) (2)
   第8話 EP
 ・白雪の舞う空
  (1) (2)

■短編
 ・桜の咲く季節
 ・少年少女の主張
  (1) (2) (3) (4)
 ・守護獣ザフィーラの日常
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13) (14) (15)
  (16) (17) (18) (19) (20)
  (21) (22) (23) (24)
 ・守護獣ザフィーラの日常 Sts
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13)
 ・守護獣ザフィーラの任務
  (1)
 ・打ち上げ花火
 ・あの子になりきり!
 ・リーダーへの道
 ・あだなをよばせて
 ・深夜のたたかい
 ・サンタの住む場所 - 23日 -
 ・サンタの住む場所 - 24日 -
 ・サンタの住む場所 - 25日 -
 ・芸術の新春
 ・決戦前の共闘
 ・なのラジ - ことの葉放送局 -
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11)
 ・大人への距離
 ・雨とぬくもり
 ・感謝をあなたに
 ・琥珀色の安らぎ
 ・その手は小さくとも
 ・マーメイド宣言
 ・ある夏のひまわり
 ・ちょっと大きな一日
 ・巡る秋風
 ・平日の聖夜
 ・プレゼント・フォー・ユー
 ・夜まではまだ少し
 ・シーツ越しの気持ち
 ・二房の髪

■頂き物
 ・花かんむりとお姫様

■web拍手
 ・全く脈絡のない会話集
 (1) (2)
 ・お返事
 (1) (2) (3)

ブログ内検索

アンケート

質問 新たに読むなら、どれがいいですか?
「桜の咲く季節」のようなほのぼの
「少年少女の主張」のようなはっちゃけコメディ
「守護獣ザフィーラの日常」のようなコメディ
「魔法少女リリカルなのはPS」のようなシリアス

コメント



- リサーチ/アンケート -

カウンター

あなたは
人目のお客様です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。