FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

なのは PS 第6話 (1)

 クラウスの傍らに座っていたシャマルは、自分の主の顔を見つめながらため息をつく。
 神経を研ぎ澄ませると、遠くでシグナムとアルマが戦っているのが感じられる。ザフィーラやヴィータも、魔力の流れとその距離からして、恐らくベルンハルトの相手をしているのだろう。その事実が、彼女にはどうしても割り切れなかった。
 主はきっと悲しむだろう。兄や、姉を傷つけたことを。そして、止められなかった自分を責めるに違いない。
 それを分かっていて、これしか選択できなかった自分たちが、悔しい。
 もっと、他にやり方はなかったのだろうか。今更ではあるものの、彼女はそう思わずにはいられなかった。
 窓から覗く空を見上げる。
 厚く重なった雲が一面に広がっていて、雨が降りそうな灰色の空だった。

第6話 666頁

 金属音が、こだまのように鳴り響く。
 シグナムの斬撃をアルマが受け流し、反撃できらめく双剣をレヴァンティンが受け止める。
 お互いが弾かれて開いた空間を蒼の矛が貫き、白銀の甲冑がそれをさばきながら蒼の甲冑に詰め寄っていく。
 ヴォルケンリッターの将は、蒼の騎士アルマとの接近戦を続けていた。
 アルマは、双剣と三又の矛で広い間合いを持つ。シグナムのレヴァンティンも変形が可能だが、カートリッジが必要なため、燃費の悪さは否めない。ならば、基本的には自分の間合いを死守する必要がある。状況に応じて戦法を変える速さにおいては、蒼の騎士が上回っていた。
 しかし、矛での間合いでならともかく、剣と剣での戦いであればシグナムに分がある。間合いを離されなければ彼女の有利は揺るがないし、無理に大きく距離をとろうとするならば、そのときこそ彼女のデバイスの変形チャンスだ。
 ひときわ大きい金属音。アルマを弾き飛ばしたシグナムは、矛での突きを警戒しながら、その距離を詰める。変形が遅れたのか、アルマは矛のままでレヴァンティンを受け止めた。
 上段から押し切ろうとする剣を、蒼の騎士は体をひねらせてやり過ごす。
 返す一撃をシグナムが放つ前に、蒼の甲冑が更に反転して、柄の部分を白銀の甲冑に叩き込む。
 ひるんだ隙に、矛の刃が切りかかる。かろうじてそれをかわしたシグナムは、そのままの体制で横に薙ぐ。
 彼女の描いた半円の軌跡の中には既に誰もおらず、振り切った瞬間を狙ってシグナムの喉もとめがけて刃が迫る。
 直前でかわされたその矛先は、しかし軌道を変えてシグナムの首筋を叩く。痛みに顔を歪ませながらも掴もうとした蒼のそれは、一瞬早く彼女の手をすり抜け、手の届かない位置にいた。
(なるほど――矛のみで戦うつもりか)
 アルマは矛の方が得意なのだろう、その腕前は、近距離でも双剣にさほど劣らない。彼女が間合いにこだわらない戦法を取っていた先程と違い、レヴァンティンがわずかに届かない距離を保たれたら、苦戦は免れそうになかった。
「さすがですね。ベルカ中でも、貴女ほどの騎士は多くないでしょう」
「騎士?……ありがとう。でもね、今の私は騎士としては失格なの」
 シグナムの賞賛に、アルマは自嘲気味に笑う。
「だって今、私は全くの私情で貴女と戦っているのだから」
 彼女の台詞を聞いて、シグナムは眉を寄せる。クラウスの姉は、ベルカの騎士として、自分たちの蒐集を止めに来たのではないのか。
「ヴォルケンリッターのことは、とてもいい方たちだと思っているわ。話をしてもそう思ったし、貴女たちの太刀筋を見ても分かるつもり」
 彼女は、そこで一度言葉を切る。翡翠の瞳の奥に見える、わずかな迷い。しかしそれは一瞬のことで、彼女は顔をあげて、続きの言葉をはっきりと口にする。 
「でもね。それでも――私は、クラウスに剣を与えた貴女たちが、憎い」
 シグナムは、その台詞に目を閉じた。
 騎士失格?仮にそうだとしても、それを笑う資格は自分にはない、と彼女は思う。
 私怨が含まれていたにせよ、蒼の騎士は確かに他人のために戦っている。
 弟の幸せをただ願い、そのために、姉は剣を振るっている。
 守護騎士たちと、全く同じだった。
「皮肉なものね。私たち、大事なものは一緒のはずなのに……」
 それなのに、自分たちは道が違うというだけで殺し合いをしている。
 クラウスのことで、互いの信じる幸せを否定しあっている。
「私は、不器用ですから」
「いいえ、お互い様よ」
 二人は、困ったように苦笑する。それから示し合わせたようにそれぞれの獲物を構えた。
 シグナムは、深呼吸をしながらレヴァンティンを握りなおす。持久戦をするつもりはさらさらない。一気に決めるつもりで腰を落とす。
 その気迫に、アルマもカートリッジの充填音で応じる。
 先に動いたのは蒼の矛だった。
「――穿て」
 瞬時に迫りくる閃光を、シグナムは体をひねってかわす。そのまま、アルマに向かってまっすぐに飛びかかる。
 カートリッジロードの音が響いて、剣が炎を帯びた。
「紫電――」
 危険を察知したアルマは、素早く後ろに下がる。
 しかし、シグナムはそれを上回る速度で彼女に肉薄した。
「一閃!」
 レヴァンティンが太陽のように高熱を発し、紅の炎が空間を薙ぐ。
 その一撃はとっさに展開されたアルマの魔法防御を破壊し、彼女の体をかすめた。
 本来であれば頭と胴体を分かつはずの必殺の剣撃は、一瞬前の矛の一刺しによって、狙いと威力を大きく削がれていた。
 しかしそれでも、シグナムの魔力の余波で、アルマは大きく弾き飛ばされる。
『Schlangeform』
 まるでシグナムの腕が伸びているかのように、レヴァンティンがその形状を長く、長く変形させていく。それは鞭のようにしなり、うなりながら周囲を踊る。
「噛み砕け!」
 裂帛の気合を乗せた鞭が、アルマに向かって迫る。
 蛇が獲物に飛び掛るかのように、うねりながら牙をむく。
『zwei』
 変形の音声と、カートリッジロードの音。
「分かて――!」
 すぐさま双剣を握った蒼の騎士は、迫りくるレヴァンティンに向けて、十字の剣撃を叩き付けた。
 魔力がぶつかり、飛散する。
 爆音が周囲を震わせ、衝撃が離れているシグナムにまで届いた。
 愛剣を元の姿に戻し、彼女は身構える。吹き付ける風に目を細めながらも、アルマの方角から顔を背けない。

『eins』

 爆炎の奥から覗くのは、アルマの素顔と、蒼い甲冑。
 そして、手に持つ、巨大なボーガン。
「――飲み込め」
 そこから、魔力の塊が発射される。
 その青い光はすぐに生き物をかたどり、空を駆けるごとに大きくなっていく。
 周囲の魔力を喰らいながら、成長していくその様は、龍のように見えた。
 それを見たシグナムは、避けもせず、まして立ちすくむわけでもなく――
 光の生き物に向かってまっすぐに突進する。
「うおおおおおっ!!!」
 レヴァンティンに、次々と弾薬を充填させる。
 同時に、前面に魔力障壁を展開。
 炎の塊と化したシグナムを、蒼の龍が飲み込む。
 白の爆発が起こり、辺りが光に包まれる。
 障壁は破られ、レヴァンティンの炎も相殺され、白銀の騎士甲冑も剥がされていく。
 焼けつく龍の胃袋を、彼女は更に速度を上げて進む。
 時間にしてみればわずか一秒。
 剣の騎士は光を突き抜け、目前にいたアルマに、自らの相棒を叩きつける。
 蒼の甲冑が砕け、彼女の武器がその手から離れる。
 そのまま地面に落ちた彼女に、レヴァンティンが突きつけられた。
「……お見事」
 浅い息を苦しそうに繰り返しながら、しかしアルマは微笑む。
「貴女の魔力を、いただきます」
 そう言って闇の書を召還するシグナムをぼんやりと見ながら、彼女は独り言のように呟いた。
「優しいあの子には、穏やかに生きて欲しかったの」
 その声は、寂しそうでもあり、受けて入れているようでもある。
 彼女は、くすりと笑って目を閉じる。
「でも……あの子も、男の子だものね――」
 感慨深く言葉を紡ぎながら、彼女は気を失った。
 幼い頃からずっと、シグナムよりも長い間、大切に思ってきた家族。
 それを、自分たちは、彼女から奪った。
 流れた思考を、シグナムは首を振って打ち消す。
 この衝突は、一時的なものだ。クラウスが真の主となった後、できた溝はいくらでも埋められる。
 アルマもきっと――キット分カッテクレルハズダ。
 鮮やかな蒼色のリンカーコアが闇の書に吸い込まれる。それを見届けてから、シグナムは片膝をついた。
 大技を短時間に乱打したため、体力と魔力の消耗が激しい。大怪我がないことが救いだが、体を動かすのも困難なほど疲労していた。
(シャマル、聞こえるか。そちらの様子はどうだ)
 待機しているはずの彼女に、シグナムは念で話しかける。
 しかし返ってくるものはなく、ただ静寂の間が続く。
 悪い予感に、守護騎士の将は改めて話しかけた。
(シャマル、どうした?ヴィータ、ザフィーラも、そこにいるのだろう?)
 続くかと思われた沈黙は、彼女の返答によって終わる。
(シグナム――ごめんなさい)
 それは、すぐにそれとわかる、思いつめた一言だった。

backnext

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳳 珠志

Author:鳳 珠志

web拍手

読んで下さる方がいるのが分かるのは、やはりとても嬉しいです。 下記web拍手ボタンで、励ましてやってくださいなっ。

INDEX

ごあいさつ
ことの葉インフォメーション
■長編
 ・魔法少女リリカルなのは -PS-
   第1話 (1) (2)
   第2話 (1) (2)
   第3話 (1) (2)
   第4話 (1) (2)
   第5話 (1) (2)
   第6話 (1) (2)
   第7話 (1) (2)
   第8話 EP
 ・白雪の舞う空
  (1) (2)

■短編
 ・桜の咲く季節
 ・少年少女の主張
  (1) (2) (3) (4)
 ・守護獣ザフィーラの日常
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13) (14) (15)
  (16) (17) (18) (19) (20)
  (21) (22) (23) (24)
 ・守護獣ザフィーラの日常 Sts
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11) (12) (13)
 ・守護獣ザフィーラの任務
  (1)
 ・打ち上げ花火
 ・あの子になりきり!
 ・リーダーへの道
 ・あだなをよばせて
 ・深夜のたたかい
 ・サンタの住む場所 - 23日 -
 ・サンタの住む場所 - 24日 -
 ・サンタの住む場所 - 25日 -
 ・芸術の新春
 ・決戦前の共闘
 ・なのラジ - ことの葉放送局 -
  (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10)
  (11)
 ・大人への距離
 ・雨とぬくもり
 ・感謝をあなたに
 ・琥珀色の安らぎ
 ・その手は小さくとも
 ・マーメイド宣言
 ・ある夏のひまわり
 ・ちょっと大きな一日
 ・巡る秋風
 ・平日の聖夜
 ・プレゼント・フォー・ユー
 ・夜まではまだ少し
 ・シーツ越しの気持ち
 ・二房の髪

■頂き物
 ・花かんむりとお姫様

■web拍手
 ・全く脈絡のない会話集
 (1) (2)
 ・お返事
 (1) (2) (3)

ブログ内検索

アンケート

質問 新たに読むなら、どれがいいですか?
「桜の咲く季節」のようなほのぼの
「少年少女の主張」のようなはっちゃけコメディ
「守護獣ザフィーラの日常」のようなコメディ
「魔法少女リリカルなのはPS」のようなシリアス

コメント



- リサーチ/アンケート -

カウンター

あなたは
人目のお客様です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。